ブログ : 2019年7月

選挙の争点ピンボケ???

今回の参議院選挙は、軍事肥大化、年金制度、消費税増税、憲法改正などの生活に直結する日本の方向を決めるというハズ。 しかし、『野党共同は寄り合いで、政策や綱領が違う。いかがなものか』との声がある。ただ、もう一方も『大臣の椅子を案分して、寄り合っている』構図となっている。 自国防衛をどのようにするのか、年金制度をつぶすのか、老後を自己責任にするのか、消費増税をどこに回すのか中止するのか、『トラトラ…
この記事のページへ
Leave a comment

打ち出の小づち(6月27日)続

「負担を増やすことなく、給付だけを増やすことなどできない。年金を増やす打ち出の小づちは存在しない」という『打ち出の小づち』発言 今度は『年金増額も可能』と発言したようです。気になるのは財源ですが、『強い経済を作れば年金増も可能』とのようです。年金財源を破綻さえたことがそもそもの問題と、6月27日のブログにコメントを頂いていましたが、『更に一般市民から絞り上げる』と読むのは間違いでしょうか?
この記事のページへ
Leave a comment

ブラック企業、どうなるのだろう

自死問題や交通事故、セクハラパワハラ、内部犯罪、詐欺まがい話法で社長が謝罪など黒光りというほどの現状。 そこで一つのコンテストを企画している。『業務知識の難問クイズ』の全国大会。エリアで上位を選出し、四国などの大きなエリアで再選抜。そして、全国大会と展開されていく。業務知識の優位を競うことであり、ここまで読んでいただくと、『いいんじゃない』ってかんじかなあ。 そこで、問題。このコンテストには全社員が参…
この記事のページへ
Leave a comment

『合区解消』の選挙公約

何故、これが選挙公約の一つなのだろうか?一票の重みの差が最高裁で認められてひとまず合区が誕生したもの。算数の事なので、解消するのは比例と選挙区の調整で簡単にできる案件。しかし、時の権力者は『被害の出ない』手法を作る。それが全国比例に回らせて別枠で『トップ当選させる』ということ。合区では『県民の声』が軽視されるといいつつ、比例で県民の声を聞けるシステムを作っている、権力者であるからなせる業。そして、合区を解消すると…
この記事のページへ
Leave a comment