ブログ : 2018年5月

被ばくと闘う屋外労働者

被ばくと闘う屋外労働者 配送業者の皆様の労働実態。 近道ができないもどかしい業務計画。広く深く染みついた放射能。当時の風に動いた放射能は、距離に関係なく、エリアに関係なく飛散。 すぐ隣町に行くにも、立ち入り禁止区域、通れるが通ってはいけない道路があり、無駄な時間とガソリンを使う訪問作業には憤りを感じると話されていました。 以前は5000軒あった町は現在その一割だとか。(避難後に帰えられた皆様…
この記事のページへ
Leave a comment

小学校生徒の集団避難

小学校生徒の集団避難 漁村にある(失礼な表現ですが)人口500人くらいの集落。60名くらいの生徒が津波に襲われる。ある小学校では避難の取り組みが法廷に持ち込まれていますが、この学校ではドラマのような避難方法が功を奏で、先生生徒の誰一人けがもせず、高台の避難場所は人で登れずも、津波を背に避難したといいます。6年生だともうすぐ成人になる年齢です。 校長先生が会議で不在。残された用務員と先生方で非難を決意。道…
この記事のページへ
Leave a comment

被災復興の、役場職員は今

役場職員は今 以前、浪江町に視察研修に行って、復興の経緯を学んでいたが、『議員が憤慨しています。お前ら何やっているんだと市民に言われる』とのことでした。 今回の現地説明をいただいたのは、原発建設当時から疑問を投げかけていた人たち。この人たちは、『役場職員と東電の職員は賛同してくれない』ことを、節々で話していました。事故が起こってもいまだに考えが変わることはなく、『反核平和の火のリレー』すら、協力しないと…
この記事のページへ
Leave a comment

被災地の復興の今

被災地の復興の今 18日より21日、個人ではありますが、3名で徳島から一路福島を訪問。初日の金曜日、松茂の空港集合。なんと、乗るはずの飛行機着陸せずに、引き返してしまった。 館内放送で、一応知らされていたことではあるが、まさかの現実。 一応、フロントで万一の時のやるべき手続きを聞いていたので、11時45分の次便に変更してもらい、更に待機。 高速バスも一考かと考えて、車一台は空港におき、もう一…
この記事のページへ
Leave a comment
1 / 41234