ブログ

平和憲法、軍備から平和外交を目指すべきだが

改憲派の集会ニュース

どのような立場で書かれたのかと思うような記事ですが、集会内容げ書かれていました。部分的に紹介します。

タイトルは

改憲派集会に元NHK気象キャスターが登壇 「メディアは大切なことを伝えない」に沸く会場

憲法記念日を前にした5月1日、憲法改正を目指す議員グループの集会が開かれた。今年は最大の保守団体「日本会議」の会長、元NHKニュースの気象キャスターも登壇した。「昨年以上の熱気」(関係者)だった。

キャスター「私はここ数年の間に、世界のなかに日本が置かれている状況に気がつき、ようやく問題意識を持ちはじめた」最初の転機は、「尖閣諸島のニュースを取り上げたとき」だった。「4年前まで、中国船が尖閣諸島にやってきていることを知らなかった」

「領土の拡大を目論む国が日本に攻めてきた場合、今の憲法では守ることができないという話にピンときませんでした。私が知っているのは、日本の憲法は世界に誇る平和憲法というもの。疑うこともなく信じていた」それが、例え話を聞いて、改憲の必要性を感じる。「憲法9条が目に入らぬか、といって憲法を差し出すと敵が攻撃をやめるのか?ということ。「台風が来るなといえば台風はルートを変えることはありえない。平和を守るということがどういうことなのか」と。

憲法9条についても「自衛隊が違憲か合憲かという議論が行われていること自体がおかしい」。メディアについても言及し「多くの新聞やテレビは本当に大切なことを伝えていないように思う」と批判。会場から大きな拍手が起きた。

日本会議トップが語ったこと

北朝鮮問題で揺れる国際情勢への対応が必要だと強調。森友・加計問題、日報、財務省セクハラ問題で揺れる国会を「あまりにも危機感がなさすぎる。改憲論を潰すために、次から次につまらない問題を取り出してきて、時間稼ぎをしているのかと勘ぐりたくもなる」と評した。

「国内的にも3分の2、憲法改正の発議に必要な(国会内の)勢力を確保した。国際的に見ても北朝鮮問題は緊張している。どうか皆さん、我々の手で進めていこう」と。

過去最高の熱気

会場は、過去最高の熱気だ。憲法改正への関心は高まっている」と語る。

しかし、彼らが最大の頼みにしている安倍政権は、トップが言うところの「つまらない問題」の対応に苦戦している。支持率は下がり、危機的な状況を迎えている。

北朝鮮も南北会談、そして米朝会談へと激動のさなかにある。この状況下で、逼迫した国際情勢に対応するために、なにより改憲が必要だという主張はどこまで説得力を持つのだろうか。

改憲派は仲間内の熱気と、外部の温度差をどう見ているのか。そこは最後までわからないままだった。

 

 

このような記事でした。

読んでいると支離滅裂のように思うのですが、台風の進路変更と尖閣諸島の問題、憲法9条の意味など、それでも過去最大の盛り上がりならそれはそれでいいのだが、最後のコメントが「集会会場外部との温度差」をどう見るのか最後まで分からいままだったと。

コメント

0 件

コメントをどうぞ

 *