ブログ

気になります。山瀬小学校の桜の老木

自治会総会でした

気になります。山瀬小学校の桜の老木

昨夜は、地元の自治会総会が 開かれました。近年では最高の参加となり、活気のある会合になりました。

そこで、役所に関連する意見を掲載したいと思います。案件は二つですが『自治会内にある山瀬小学校のグランド』についてばかりです。

一つは、桜の木がすべて掘り起こされてなくなってしまったことです。

掘られて間もなく問い合わせがあり、調査、説明した記憶があり、経緯は総会の時に説明しましたが、『地元自治会には後手になりましたが報告しました』との、当時の説明のままに、自治会でも説明しました。ただ、総会では皆様記憶にはなく、改めて経緯を知りたいとのことで、教育委員会にもう一度聞くこととなりました。グランドのフェンス改修に関わる工事での出来事です。

もう一つは、庭木の剪定方法について、『切り口が子どもたちには危険ではないのか』とのこと。グランドで野球をする場合、バッターボックスからライト、センター方面に打つと、サツキの庭木があり、花壇があり、校舎の順になっていますが、この『サツキ』を剪定すると『切り口が危険では』とのことで、どのように工夫されているのかとの問い合わせ。多分、校長先生の管轄のように思いますが、行き着くところは『実際にご苦労をおかけしている剪定業者(シルバー人材センター)に行きつくのでは』と、想定するところです。いずれにしても、担当部署に問い合わせです。

我が家では、孫が課外サッカークラブでグランドをお借りしている所です。孫たちサッカー部はどのように対応しているのかも少々気になります。

 

コメント

0 件

コメントをどうぞ

 *