ブログ

すもうの報道

国技とはいえ、トップが根こそぎといっていいほど外国人。

このような中で『またまた暴行事件』

そこで事情を説明しない一部の相撲部屋。

非難を浴びせられ続ける事態となってはいるものの、『処分保留』と変な話といえますが『最高の戦法』とも思います。

本当は『腫れ物に触る』『ふたを開けたくないパンドラ』に見えるのではないかと・・・・・。

貴乃花に軍配、若しくは取り直しで取り直し時期不明あたりかと。ならないかなあ???

コメント

0 件

コメントをどうぞ

 *