ブログ

降って湧いたような

耕作放棄地に見える光景。実は産業廃棄物が地下には埋まっているとの情報。この場所は以前から問題になっているものの、一向に見向きもされないという。

特に異臭という『急務』的な状態はなさそうにも見えるものの、下流域への影響は何とも言えない。

このような現状を、行政レベルではどのように対応しているのか調べて頂いた。とことんではなく、そこそこでいいのでとの依頼ではあるものの、今のところ近隣及び、議員さんなどからの調査以来はなさそうとのことだった。

今後、過去の経緯を調査してみるとのことで、こちらからも『ボチボチ検討していきたいので調査はお願いしたい』と。

ただ、一昔前からの出来事だけに、直接の関係者や地権者には正に『寝耳に水』『降って湧いたような』事象と思われます。

コメント

0 件

コメントをどうぞ

 *