ブログ

労働組合に期待しかありません

頑張ろう『郵政労働運動』ということでしょうか?本年のブラック企業表彰記事より

  • 特別賞:日本郵便株式会社

貴社は2011年12月心疾患で亡くなった男性従業員に対し、生前パワハラを行い、鬱病を悪化させた。また近年、貴社が運営する郵便局で従業員の自殺が相次ぎ、いずれも遺族はパワハラが原因と指摘している。貴社で起きる事件で、これほど「パワハラ」という言葉が聞かれるのは、異常な事態といえる。

そもそも貴社は、年賀状などの販売で一人数千枚、一万枚など理不尽なノルマを課し、その結果従業員が高額の自腹購入を強いられていると度々報じられている。貴社は「強制ではない」などと否定するが、多くの不満の声が上がっていることは事実である。また、2011年には1万4000人もの非正規従業員を雇い止めにした。

ウェブ投票でも、貴社は圧倒的な勢いを見せ、2位にダブルスコアをつけ、独走状態での1位獲得となった。これこそ、貴社への怨嗟の声が渦巻いていることの証左である。

よって、貴社には、パワハラや自爆営業など、深刻な問題があると認め、ここに特別

賞を授与する。

おりしも師走である。貴社が現場の従業員たちを酷使しないよう、警告する意味も込める。

  • ウェブ投票賞:日本郵便株式会社

貴社は、第5回ブラック企業大賞における一般市民からのウェブ投票において、5,967票(ウェブ投票5,958票、授賞式会場での直接投票9票)と、他企業と比べ圧倒的に多い票数を得ました。これも貴社の労働者へのひどい仕打ちがインターネット等を通じ、全国に知られることとなり、多くの人たちからの批判が生まれていることの結果です。ここにウェブ投票賞を贈呈するとともに、一日も早い改善を求めます。

 

以上、経営者からすればすき放題書かれているものの、現場は『もっとひどい』との声も。当市でも県内ワーストと言える実態も。行きつくところは『労働組合』というところです。

 

コメント

0 件

コメントをどうぞ

 *