ブログ

税金の滞納を考える?

埼玉新聞の記事が47ニュースに掲載されていました。

生活苦でも差し押さえ 自治体の徴収、滞納者を追い詰めるケースも

「払えない自分が悪い。でも親身に相談に乗ってほしかった」と話す新聞配達員。

困窮して精神的に追い詰められているケースが出ている。「税の公平性を保つ手段」として自治体に認められている権限だが、滞納者への徴収は個々の事情に応じた柔軟な対応が求められる。専門家らは「経済状況に配慮すべき」と話している。

以上のような書き出しで、以下のような項目で、『双方の現状』を書き、最後には電話無料相談の利用を紹介している。

■届いた通知書「死んでも関係ないのか」「血の通った対応を」

■徴収の強化「税の公平性保つ手段」

当市でも同じような状況はあるのでしょうが、『自動的に郵送されるようになっている』と、何かの案件での市民相談への回答を聞いた。その折、請求書は気にしなくていい(支払いの義務がないため)との説明だったが、発送は止められないと。

『意図的に支払わないケースと、やむにやまれぬ事情』ということでしょうが?気になる記事です。

コメント

0 件

コメントをどうぞ

 *