ブログ

宜野湾市市長選挙

宜野湾市市長選挙、軍国主義へのブレーキになればいいのですが。

現在の沖縄県は普天間から辺野古への米軍基地移設の賛否で大きな攻防の時期になっています。沖縄に米軍基地があること、最大の問題は『移設か現状維持か』ではありません。

宜野湾市長選挙では『基地移設の可否』が争点ではないような選挙戦を展開している候補もいるようです。

思うに、日本の沖縄県ではなく、琉球王国であったら、そもそも戦争になど巻き込まれることなく、アジアを結ぶホットな島であったかもしれません。

未だに負の遺産ばかり背負わしているのは、私たちともいえます。

コメント

0 件

コメントをどうぞ

 *