ブログ

飛行機利用からJR利用も検討

明日から3日間は、東京への陳情活動です。10名近くの行事のようです。

昨年は、大臣や副大臣と食事をするなど、少々不慣れな出来事でもありました。

政務活動は、視察や陳情、勉強会などでの移動、また、会派独自のニュース発行などに活用されるのが主な使途です。

飛行機のチケットは割安となっていますが、待ち時間が長いこと(余裕が必要)自動車で空港へ、飛行機、モノレールか電車、更に目的地近くの駅までの乗り換え。

新案線を利用すると、長時間必要な感じがしますが、実際は、徳島駅から新神戸、新幹線乗車から東京到着後はそのまま都内目的地の駅まで移動できます。

おおきな違いは『キャンセル料金』です。

3日前までに中止となれば、JRでは、ほぼ全額返金されます。直前でも3割の負担。

飛行機の割安は、購入後はおおよそ半額の返金となります。

飛行機が時間的に有利なことと、割安、しかし、キャンセルの場合は費用も発生です。

いずれにしても、東京の行事が午後開始なら、どちらでも十分間に合いそうです。

コメント

0 件

コメントをどうぞ

 *