ブログ

交戦権を認めない

戦争をさせないために

数の力で戦争法案は成立しました。被爆国日本の大きな恥を全世界に発信したことになりました。ことの起こりは、国民が自公政権に大きな議席を与えたことにもありますから、安陪内閣ばかりを批判しても仕方ないかもしれません。

さて、ステージが一つ進みました。(というより押し込まれました)

私たちがやるべきことの一つ目は、『数の力と民主主義は全く違う』ということの宣伝。

そして、来年夏の参議院議員選挙では『自公候補を一人たりとも国会に送らない』決意

そして、自衛隊(正しくは軍隊)の国外への出兵を阻止することでしょう。

日本国内では、自公の思うままという現状ですが、国外から見る日本は、安倍政権が無謀であり、国民は交戦権を認めていないとの民意を民主主義として判断していることでしょう。従って、私たちは立ち止まることなく『平和国家日本、被爆国日本』を、背景に長期戦に突入すべきです。あきらめることなど存在しません。

弁護士や学者の皆さまには理論的に、私たち市民は歴史から学び、新たに『まともな法律作り』を目指しましょう。

コメント

0 件

コメントをどうぞ

 *