ブログ

税金払わねば、自動車が担保か?

政務活動での視察研修を欠席

日曜日夕方より、プライベートで出かけました。以前より予定していたことでしたので、視察研修に参加できませんでした。この視察は強制されるものではありませんが、参加すれば必ず学ぶことができます。

ただ、当方もただでは転ばない?

出かけている道中に、大きな広告が橋の欄干に掲げられていました。書いている内容とは『平成26年度の市民税を支払わない場合は、車のタイヤ止めを行います』という。これはすごい。当市では市営住宅の利用者の滞納者には法的取り立てを進めているようですが、実力行使ともとれる、横断幕でした。

勿論、誰にでもというのではなく、支払い能力があるにも関わらずという前置きがあるのでしょう。成果を知りたいところです。

コメント

0 件

コメントをどうぞ

 *