ブログ

揚水力発電、合理的です。使い方次第で

揚水力発電、いいですネ

タイトルを見れば、原子力発電所推進かと思われるでしょう。

しかし、その正反対です。揚水力は『余った電気を蓄積する』システムです。もともと原子力発電は、夜間の無駄な発電をセーブできないので、言い訳に作ったといわれています。しかし、使いようです。昼間に太陽光で余る電気を利用して、谷ぞこの水を上の湖に送り上げる。夜間に、無理やり火力を使わず、一基でも止めて水力発電を動かす。ということで、揚水力活用です。

この持論に賛成してくれた方がいたので、思いつきで更に『潮の満ち引きで発電することができるが、これは反対だ。多分、内側の海が死んでしまう』と。そして更に、『できれば世界の電気を北極につなげて売買すれば、どこかの国は昼間なのだから、その発電を使えば環境に優しい発電ができる』と。更に、いずれは電気を宇宙に送って必要な国に送電するシステムができるかも……』と。チョット無茶な発想ですか?ネ?

コメント

0 件

コメントをどうぞ

 *