ブログ

銀杏の大木その1

山川東部のこども園

川田中小学校付近にこども園が建設されます。高越こども園です。

山川東部には、現在の山瀬幼稚園敷地を活用した、こども園の計画が進行中です。そこで、場所については、変更することなく山瀬幼稚園で進めてもらいたいところです。

その理由は、『銀杏の大木』です。

その昔は、幼稚園東に中学校があり、そこにも大木の銀杏があり、この木はギンナンをつけていました。すこしにおうので嫌がられてもいました。

この木が私有地となり切られてしまいました。そこで、教育委員会へ、現在の大木を切ることのないように市の指定文化財として守ることができないかと相談したことがありましたが、すぐに指定できそうにはないとのことでした。

となると、民有地となればどうなっていくのか予測もつきません。そこで、こども園を建設するなら、現在の銀杏の大木のある場所としていただきたいところです。

コメント

0 件

コメントをどうぞ

 *